手術直後は腫れがある

加齢とともに瞼は重くなり、たるみが出てくる傾向があります。そのために目が小さく見えてしまう、見えづらくなるなどの悩みを抱える人も増えてきます。視界も悪くなるので、肩こりや頭痛などの不快な症状も発生しやすくなります。こうした悩みを解消するなら眼瞼下垂症を改善するための手術も検討してみてはいかがでしょうか。

改善するための手術

眼瞼下垂の手術は保険適用の治療もありますので、治療費も安く抑えることができます。眼瞼下垂を改善するための手術を行えば、視界も良くなり頭痛などの不快な症状が改善することも期待できます。

とはいえ、目元は特に目立つ部分ということもあり、術後にふたえラインが変わってしまうのではないか、顔立ちに変化が出るのではないかと心配する人もいるのではないでしょうか。手術をすれば、まぶたのたるみは改善できますが、眼瞼下垂症の術後経過では治療直後には赤みや腫れも発生しています。

それゆえ、腫れが収まるまではどのような仕上がりになっているのかを確認するのは難しいものがあります。保険適用の治療では、あくまでまぶたのたるみを改善するものとなっていますので、見た目のことはそれほど重視されていません。仕上がりの良さにこだわるのであれば、自由診療のより質の高い治療も検討してみましょう。

技術力の高いクリニックを選ぼう

眼瞼下垂の治療では、見えやすくすること、余計なたるみを取り除くことが重視されます。美容整形の場合は、患者さんの希望がしっかりと反映されますが保険診療では、個人の希望を取り入れるのは難しくなります。

たるみを取るだけではなく自然な美しい仕上がりを希望するのであれば、自由診療が向いています。治療には、切開を伴うものと切開をせずに改善していくものがあります。

軽度のたるみであれば切開を伴わない埋没法でも良い改善が期待できます。この治療なら、短時間で終わることができますし、切開をした場合よりもダウンタイムも短くなります。

自然な美しい仕上がり

切開をしていないこともあり、もしも仕上がりに納得ができない場合も修正は比較的容易です。切開を伴う治療でも、修正は可能ですが元の状態に戻すことは難しいといえます。切開を伴わない治療の場合は傷跡が目立たないこともメリットです。

年齢を重ねるごとに似合うふたえラインも変わってきますが、修正のしやすい治療を選んでおけば、年齢に応じた目元に変えていくこともできます。理想の仕上がりを得るためには、技術力・センスともに優れた医療機関を選ぶことが大切です。一度の治療で良い結果を得られることも大事ですので、医療機関は慎重に選んでいきましょう。

投稿を作成しました 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。